テスラが「安全審査に合格したドライバー」だけに完全自動運転のベータ版を提供すると発表 – GIGAZINE

完全自動運転をゲットするには、壁が有ると。。。


テスラのイーロン・マスクCEOが2021年9月25日にTwitterで、完全自動運転を可能にするファームウェアの最新バージョンとなるFSD ベータ10をより多くの顧客に公開すると発表しました。

記事作成時点ではまだ公開されていませんが、ベータ版にアクセスできるドライバーはテスラから「安全なドライバーである」と監査される必要があるとのことです。
— 読み進める gigazine.net/news/20210928-tesla-fsd-10-safety-score/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください