44億円を調達した紛失物探索デバイスのTile、新製品でアップルのAirTagに対抗 | TechCrunch Japan

出始めの頃から使っていたし、Androidとかでも使えるのは良かったと思いましたが、色んな企業が同じ様なトラッカーを出してきて、タイルの存在感は薄まった感じは有りました。

そこに来てのAirTagだったんだけど、兎に角使い勝手が良かったし、Apple純正品だから、iPhoneの馴染み方も半端なく良かったって言うのがあって、さらにタイルから離れたかなってのはある。

ただし、AirTagのサイズは1種類だから、どうしても薄さが必要なものには使えなかったりするってのはあるので、AirTagのバリエーションが増えてないうちは、Apple製品に対してタイルを使おうと言う需要は発生すると思うし、根強く使い続けるユーザーはいると思う。

いずれにせよ、Appleだけではないので、他への訴求も出来るわけだから、盤石ではあると思うんですけどね、今の所のタイルの立ち位置的には。


Bluetoothを利用した紛失物探索デバイスのメーカーTile。

最近ではAppleを激しく非難している同社は、現地時間9月16日、Capital IPから4000万ドル(約43億8000万円)の希薄化をともなわない融資を獲得したことを発表した。

今回の資金調達は技術開発への投資に充てられる。
— 読み進める jp.techcrunch.com/2021/10/11/2021-09-16-tile-secures-another-40-million-to-take-on-apple-airtag-with-new-products/

iPhone 13 Proのマクロ撮影に「Proである理由」を見た | ギズモード・ジャパン

マクロ撮影が出来ると言うのは嬉しい


最初はしっくり来ませんでした。 しかし、ちょっとした工夫で印象が豹変したのは、そう、iPhone 13 Proのマクロ撮影機能についての話です。

新搭載のシネマティックモードは圧巻で、間違いなくiPhone 13シリーズのキラー機能です。

その影に隠れてしまっている気もしますが、13 Proシリーズにだけ搭載された新機能「マクロ撮影」からは、iPhone 13 Proが「Pro」である理由が見えて
— 読み進める www.gizmodo.jp/2021/10/iphone-13-pro-macro.html

アップルペイ手数料、銀行業界が抵抗 ビザに見直し促す  – WSJ

日本にもアップルカードが必要ですね、分かりやすいし、サービスに関しても、自前だから必ず良いはず。

どこかから出すしかないけど、大元を買収して、銀行業に近いことしても良いんじゃないのかな、そしたら、日本でも直ぐに出来そうだし。

そうなったら、もうそれでしか払わないって人も出て来そうだし、絶対にサービス良いと思う、本当にアメリカの人たちが良いなぁーと思う。


銀行業界は米アップルが2014年にモバイル決済サービス「アップルペイ」を開始した際、先を争うように同社に協力した。だが後悔している点もあるようだ。
— 読み進める jp.wsj.com/articles/apple-pay-fees-vex-credit-card-issuers-11633472826

iPadMini(2021)が素晴らしい.ここ10年待っていた手帳がわりのiPad / #日々短文雑記|#落合陽一|note

例えばジーンズのバックポケットにそのまま入れて置ける所とか、とてもサイズ感が良く、本を読む時もとても良い感じです。

作業スペースは、もちろん画面サイズが小さいのでイマイチですが、携帯性の方が重要で、アップルペンシルが使えるようになってからは、最強な気がしますねぇ〜


#落合陽一 です.iPadMiniとiPhone13ProMaxが同時にアップデートされたのでレビュー祭りになってしまうことをご容赦を.

iPadMini(2021)は素晴らしい.

正直ここ10年手帳がわりのiPadを求めていたが,なかなか実現できなかった.

サイズといい,筆記といい,本当によくできている.

iPhone13ProMaxの2つ分くらいの大きさなのが本当に良い.

持ちはこぶカバンを選ばずに済む.

考え事をするために持ち運んでいる紙のノートと万年筆とはまた違った思考がいつでもどこでも体験できそうだ.

実際ドローイングは非常にやりやすい.

手帳として
— 読み進める note.com/ochyai/n/necb854324bdd