テスラ、大気浄化法違反で米環境保護庁から罰金 | TechCrunch Japan

いろんな観点から、常に訴えられるってのがあると思うので、なかなか大変だなぁといつも思います。

人気の会社は、対象になることも多いし、周りからの反応もいいので、狙われやすいですよね。



Teslaは、カリフォルニア州フリーモントの電動車製造工場における国の大気浄化法違反に関して環境保護庁との和解に達し、27万5000ドル(約3160万円)の罰金を払うことに合意した。

しかし2021年の第4四半期だけでも23億2000万ドル(約2668億円)の純利益を得ている企業にとって、この罰は無きに等しい。
— 読み進める jp.techcrunch.com/2022/02/24/2022-02-22-tesla-gets-wrist-slap-from-epa-for-violating-clean-air-act/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください