「プラチナバンド」を求める楽天モバイル 3キャリアの反発は必至も、23年の導入を目指す:石野純也のMobile Eye(1/3 ページ) – ITmedia Mobile

とにかく、人口カバー率よりも、基盤転換率が1番重要で、それを焦点に、公言して行かないと、全く話にならなくなりますからね、なんで言わないかな?



新規参入時の開設計画を大きく前倒しにする形で人口カバー率96%を達成した楽天モバイル。新体制となった楽天モバイルが主張するのが、「プラチナバンドの割り当て」だ。プラチナバンドは大手3キャリアが既に使用しており、現時点では楽天モバイルに割り当てる“空き枠”はない。 (1/3)
— 読み進める www.itmedia.co.jp/mobile/spv/2204/09/news039.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください