通勤時間=仕事、プライベート時間という考え方

電車に限ってのことばかりですが、車の場合もいづれ。

あくまでも個人的に観察している範囲で、1番多いのは、ゲーム、これは様々で、出勤の際にゲームって言う人もいるけど、割と帰宅時の人達の方がゲーム率高いと思います。

出勤時は、ニュース系サイト、ソーシャル系サイトの、テキストで見てる人もいるし、動画で見ている人もいる。

スマートニュースや、グノシーは相変わらず見かけますね。

新聞を見ている割合は、かなり少ない。

関係ないけど、朝から新しい新聞の匂いがすると気持ち悪くなります、個人的に苦手です、

出勤時はかなり忙しいと思う、何故なら、寝ている間に起こったことを、少ない時間で次々に確認していかないといけないから、テレビのザッピングのように、色んなサイト、アプリ間を行き来している人、結構多いいかなと思います。

まー色んなサイトや、ソーシャル、そしてメールなどがあるので、かなり出勤時から頭使ってるなぁって感じで、本当に時間が余れば、ゲームやってリフレッシュってあるけど、基本的にゲームまで行き着かないってこともあるんだと思いますね。

なので、出勤時はゲーム少ないって感じ。

逆に仕事して帰ってくるときは、まー家に帰ってもダラダラしていても良いけど、割とやりたい事なんかもあるので、片付けだったり洗濯だったりと、割と寝るまでに色々とやることあるし、無ければHuluとかNetflix見たりとかして、そのまま寝るみたいな。

割とこんな感じの流れだと思う。

で、仕事は対価を得るためにやっているんだけも、それに伴う通勤時間と言うのは、まー仕方なく都内まで通ってる人もいれば、初めから通うつもりで通ってる人もいるし、様々だけど、通勤時間は仕事もできるし、プライベートの時間にもなるわけで、必ずしも辛いわけではないって言う事です。

満員だろうが、時間をずらして乗ろうが、ガラガラだろうが、同じ時間な訳で、等しく同じ様に時間はあるわけで、通勤時間を良しとするか、良しとしないかだけの話なので、それは個人個人違うので、どうでも良いけど、 個人的にはある程度通勤時間があると、楽だなと思いますね。

JoseCanseco

https://nomadmovement.github.io/

Nomad Movement

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください