Amazonが本格的に介護市場へやってきた/GB Tech Trend | BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報

この流れでのAmazonのヘルスケアウォッチ販売投入は自然の流れではあります


本稿は独立系ベンチャーキャピタル、グローバル・ブレインが運営するサイト「GB Universe」に掲載された記事からの転載 今週の注目テックトレンド GB Tech Trendでは、毎週、世界で話題になったテック・スタートアップへの投資事例を紹介します。
— 読み進める thebridge.jp/2021/12/gb-tech-trend-052-amazon-is-coming-to-the-nursing-care-market-gb-universe

「競合はアップルウォッチではない」アマゾンが腕時計型デバイスを発売した本当の狙い 「アマゾン病院」誕生も不思議はない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

この手のヘルスケアグッズは、なにかとスマートフォン等の端末との親和性がもてはやされるけど、行き着くところは、医療器具な訳ですから、使ってもらって、色んなデータをもとに医療機器として認められるようになりたいわけですよね。


アマゾンは生活雑貨から金融サービスまであらゆる分野に進出してきた。

次はどこに狙いを定めているのか。

立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は「それはヘルスケア産業だ。

中でも健康管理ができるリストバンドは大きな可能性を秘めている」という――。
— 読み進める president.jp/articles/-/52807

【レビュー】邪魔にならない、スマートリング「Oura Ring」第3世代モデル | TechCrunch Japan

いづれにせよ、健康器具と認められるのが1番良い方法だと思うし、そこを目指してもらいたいなぁと思う。


Appleがウェアラブル市場に参入する前は、フィットネスバンドがこの市場を完全に支配していた。

FitbitやXiaomiのような企業は今でも毎年大量にフィットネスバンドを販売しているが、同種の、さらに機能が充実した製品に押されてもはや時代遅れになってしまった。

しかしながら、Oura Ringをフィットネスバンド(あ..
— 読み進める jp.techcrunch.com/2021/12/14/2021-12-02-oura-ring-3-review/

ヘルスケアグッズ盛り上がってますかね?OURA Ringオススメですよ〜

OURAを使い始めて4年以上経ちましたが、周りでも、行動範囲でも殆どOURA付けている人に会いません。

やっぱりリングはダメなのかなぁ?

なんて思っている、今日この頃です。

やっぱり日本語化されてないのと、例えばヨドバシカメラとかがやってないとか、ほんとそう言うのが1番必要なんだと思います。

今の世の中だから、買うことなんて、サイトからできるって言うのは誰でもできる事だと思うけど、買わなかったり流行らなかったりするのは、やっぱり、言語が重要なんですよね、きっと。