日本に続き 仮想通貨取引所バイナンスと規制当局の対応例

気がついたら怒られてた。。。


世界最大規模の仮想通貨(暗号資産)取引所バイナンスに対し、各国の規制当局が対応に動き出している。
— 読み進める coinpost.jp/

【米国株動向】ドージコインより注目のマリファナ株3銘柄 | The Motley Fool Japan, K.K.

これ系のコインだと、何年か前にパラゴンコインっていうのが、結構人気あって個人的にも結構期待していたけど、亡くなっちゃいましたね。

お店もそうだけど、マリファナ合法化の流れの中で、スタート時期は同じだけど、かなり格差が出たなぁと言う印象ですね。

この3銘柄も、人気はあると思うので、楽しみではあります。


このところドージコインが反発していますが、勢いが持続するかどうかは定かではありません。

大きなリターンを狙うなら仮想通貨以外にも、大きな成長性を秘めた、まだ初期段階にある業界の銘柄を買という選択肢もあります。

つまり、マリファナ関連株への投資です。

その中でも有望なアメリカのマリファナ業界から、3銘柄を紹介します。
— 読み進める www.motleyfool.co.jp/archives/15311

仮想通貨ビットコイン、長期的に上昇することに「疑いはない」=元ニューヨーク証券取引所幹部 | Cointelegraph | コインテレグラフ ジャパン

ビットコイン(BTC)は右肩上がりとなる傾向があり、投資家はそのボラティリティを恐れるべきではないと、ニューヨーク証券取引所の元責任者は語っている。
— 読み進める jp.cointelegraph.com/news/bitcoin-in-uptrend-but-btc-may-never-beat-gold-s-10t-market-cap-ex-nyse-head

4000億円相当のビットコインと共に暗号資産投資企業の若き創設者兄弟が失踪 – GIGAZINE

ビットコインやイーサリアムなどの暗号資産は単なる法定通貨の代替としてだけでなく、投資対象としても強い人気を誇っています。

ところが南アフリカでは、2021年4月に暗号資産投資プラットフォーム「Africrypt」の創業者である兄弟が姿をくらまし、当時のレートで換算して36億ドル(約4000億円)相当のビットコインが失われてしまったと報じられました。
— 読み進める gigazine.net/news/20210624-africrypt-bitcoin-scam/