「競合はアップルウォッチではない」アマゾンが腕時計型デバイスを発売した本当の狙い 「アマゾン病院」誕生も不思議はない | PRESIDENT Online(プレジデントオンライン)

この手のヘルスケアグッズは、なにかとスマートフォン等の端末との親和性がもてはやされるけど、行き着くところは、医療器具な訳ですから、使ってもらって、色んなデータをもとに医療機器として認められるようになりたいわけですよね。


アマゾンは生活雑貨から金融サービスまであらゆる分野に進出してきた。

次はどこに狙いを定めているのか。

立教大学ビジネススクールの田中道昭教授は「それはヘルスケア産業だ。

中でも健康管理ができるリストバンドは大きな可能性を秘めている」という――。
— 読み進める president.jp/articles/-/52807

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください