LINE PAYからVISAクレジットカードが発行されると言うことに関して、良いことしか無い気がする。

LINE PAYからついにVISAクレジットカードが出ると言う発表があり数日経ちますが、東京オリンピックのVISA一択に絡みはないと言えば嘘になるような感じでしょうね。

VISAカードはオリンピックのスポンサーなので、会場の決済はVISAです。

ですから、LINE PAYもVISAを選んだのかなと。

JCBと言う手もあったのかもしれませんが、相変わらず、手数料が高いので、使えない飲食店は多いですよね、ほんの0.数%を守る理由はなんなんだろうなと思いますが、重要なポイントなんだろうなと。

すでにLINE PAYを使っている人に関して言えば、デポジットして使っているので、だいたいその金額は払えると言うわけで、何となくだけど、審査にも充分使えそうな結果ではないかなと思います。

そして、初年度の年会費は無料、2年目からはステータスに応じてと言うことも考えられる。

そして、3%のポイント還元は、やはり大きいので、初年度だけ使う人は多いかもしれないけど、これは、ほかのカード会社もやってくるかもしれません。

しかも、LINE PAYの加盟店だけでは無く、VISAの加盟店でも3%のポイント還元がされるのは大きいはず、LINE PAYの VISAカードを使うメリットはあると思います。

ただし、現在でも使える、LINE PAYコード決済の特典である、各自のステータスによって還元率が違うポイント還元に関しても、LINE PAY VISAカードでの支払いは対応している可能性もあるので、その辺の特典も楽しみな所ですね。

支払いと同時に、現在のLINE PAYと同じで、使うと直ぐに通知が来てわかりやすいのは、LINE PAY VISAカードでも同じみたい。

LINE PAYのシステムをハブに、LINE PAYの残高が無くても、LINE PAY VISAカードで決済ができるのも楽なポイント。

ただし、LINE PAYの送金には使えないので、割り勘の時や、何かの時に友達や家族に送金したい場合は、今の所はLINE PAYの残高が無いと出来ないと言うことです、そこは残念だなぁとは思うけど、中々難しい審査なのでしょうがないところもあるのかなと。

あとは、この辺りのキャッシュレス決済に関しては、色々なところから、まだまだ出てくる可能性もあり、かなり乱立してくると思うのでが、やはり残るのはクレジットカード系の決済方法なんでは無いかなと個人的には感じるのと、特典で何かに特化した場合を除けば、身近で使っていくものならば、VISA、マスター、アメックス、JCBと言うカード会社の決済を使うのが1番手取りやすいって感じになるかな?

後は、携帯キャリアのサービスとしての決済が進化すれば、それが1番手っ取り早くて、楽で、わかりやすいし、使いやすいかなと思う。

それと、Apple PayとGoogle PAYのOS内系がやっぱり強いなと思うので、最終的には、どちらかを出入り口として使うわけだと思うけど、そうなったら、カードも持っていなくて良くなるけど、バックアップで持っていなくてはいけなかったりすることもあるし、対応が遅れるところもあるので、まだまだ先だけど、まずはスマートフォンだけ持っていれば、まずは良くて、その先はチップを例えば手の甲に埋め込んだりみたいな時代が来るのかな、埋め込み型なら、無くすこともない代わりに、それを強奪される場合は、手の甲から取ったりするわけだから、ちょっと怖いな。

取ったとしても、使えないって感じだと思うけど、それさえもハックすれば使えますよ的なことになることもあり得るから。

で、人によって、右手の甲なのか、左手の甲なのか、あるいは指なのかとか、色々と埋め込む位置が違ったとしたら、強奪する方は、一瞬で判断するのは難しいから、腕をそのまま強奪される人が増えそう。

なので、埋め込み型は危険なので、やめてもらいたいところ。笑

Jose

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください