Kyashについて再考してみた結果

LINE Payが、悲しい事に、ポイント上限が設けられたので、10万以上使った場合には、ポイントが付かなくなりましたが、実はポイントが付いていて、しっかり使ってくれる方には、本当はポイントつけていたんですよ!by LINE Pay

みたいな感じにならないかなと、少し考えたりもした。

で、実際につかうと、LINE Payの場合は、JCB側から手数料が入ってくるわけで、上限を作る事なく、使っている人にはポイントを付与するべきだと思いますが、そうも行かない、稼ぎたい、利益を出すと言うのがあるのは普通のことですからね。

で、同じ様に、突然2%キャッシュバックしますよと言い出したのがKyashです。

あまりにもLINE Payが使い心地が良くて、と言うか、そういう時ほど、違うサービスを見るべきだと、常に思っていたにも関わらず、一切他のサービスを使わず、LINE Payだけ使ってたのを反省。

で、Kyashも同じ用に入金して使うサービースですが、先ずは、バーチャルカードと呼ばれる、Kyashアプリ内に、バーチャルのVISAカードプリペイドが出来ます、それの使用の仕方は、ネットでの支払いや、Suicaへのチャージ等でも使えますので、入っている金額以内でしか使えませんので、もちろん、年齢制限もありません。

で、そこに自動チャージという名目で、クレジットカードを紐付ける事が出来ます。

で、Kyashの残高がなかった場合、あるいは1000円Kyash残高があった場合、2000円の物を例えばAmazonで購入しようとした場合は、AmazonでKyashのバーチャルカード番号を、入れるわけですが、Kyashには1000円しか残高ありませんよね、で、後1000足りない、その差額の1000円を、自動チャージに設定したクレジットカードから持ってくるわけなんですが、結構スムーズにお会計できます。

お会計後は、Kyash残高から1000円が引かれ、自動チャージ設定してあるカードから、1000円使われましたと、明細がKyash内で確認できます。

で、その自動チャージされた1000円はクレジットカード会社からのポイントがまず付きますよね、クレジットカードを使った事になるから。

で、Kyashのバーチャルカード経由で払った2000円にはKyashからポイントが付くと。

面白いです。

で、改めてKyashのシステムなんですが、自動チャージには、今の所はVISAとMasterCardが紐付ける事がカード合計5枚まで出来ます。

と言うことは、常にバーチャルカードで支払いする際には、この紐付けている5枚のカードからどれを使って支払うかを決める事もできるし、LINE Payの様に、銀行チャージできない時間帯、コンビニ遠い、あるいは面倒だなと、言うときも、Kyashなら、紐付けているカードから選んで、Kyash経由で支払うだけなんです。

Kyashでも、リアルカードを発行できるので、カードを発行しておけば、念の為、カードを持っておくことによって、使う頻度は高まります。

小銭を出す事もある小額決済なんかは、絶対に使った方がいい。

で、リアルカードヲ拡大解釈すると、リアルカードを発行しておけば、そのKyashのカードには5枚のカード、VISA、MasterCardには限られるけど、紐付けることができるわけですから、Kyashのリアルカードを持っていれば、紐付けた5枚のカードが先ずは要らなくなるという、持ち歩かなくてもいいという、メリットが出て来ます。

そのクレジットカードが、会員証みたいになっている場合は、持ち歩かないといけませんが、大体、そういったカードはスマホアプリで同じような事ができるような気がします。

ヨドバシカメラで、ビックカメラでも、会員証アプリありますしね。

と言うことで、改めて考えたら、Kyashいいなぁと思いました。

似ているサービスで、、どうしても欲しかったサービスがイギリスにあって、それはCurveと言うかKyashみたいな感じで使えるリアルカードを発行して、同じ様にカードを紐付る事によって、Curveだけ持っていればいいと。

でも、これはEURO内でのサービスだったから、カードは、取り寄せることは出来たけど、結局使えなかった。

似たサービスだなと改めて思い、Curveの代わりとかではなく、Kyash凄いなと思った。

で、出来れば、一度このカードを選んでメインカードにしたけど、考えてみたら、こっちのカードの方が良かったのにと思った際に、例えば1回だけ、支払った後でも、カードを変更できるって出来ると便利です。

と言うことで、Kyashに付いて改めて考えてみた結果、良いサービスだなぁと、思いました。

https://kyash.co/

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください