GoogleのProjectFiを使ってみて思ったこと

昔、電話サービスとしてグランドセントラルと言うサービスが有りました、その後Googleに買収され、GoogleVoiceにサービス名が変更されました。

当時、グランドセントラルのサービスは実に興味深いものでした。
グランドセントラルの番号にかかってきた電話を指定した任意の番号へ転送するというものでした。

例えば、自宅の番号や、携帯の番号は変更してしまうと、変更の案内をするのが面倒な事もありました。
ですので、グランドセントラルの番号を伝えておけば、自宅の番号や携帯の番号を安い回線に変更しても、変更した番号を伝える手間もないので、大変便利でした。

その後Google Voiceへ引き継がれ、今でも運用されているので、今でも便利に使っています。

Google VoiceはGmailのアカウントにも転送できるので、Hangouts等のアプリケーションでも使用可能です。
なので、チャットも通話も可能なHangputsもかなり便利に使えます。

ただし、それらをするためには、Google Voice番号を取得する必要があるのでが、日本からでも取得は可能です。

そして、始まったのが、Google WiFiにも絡んできますが、ProjectFiです。

ProjectFiに関しては、アメリカ国内で取得したGmailアドレスが必要になるので、VPN等でアメリカにつなげてからアドレスを取得すれば、簡単に番号を取得できますが、ProjectFiのSIMで使える端末が必要なので、その辺は特定の端末が必要になりますが、この端末もGoogle Storeなどで購入可能ですので、転送して国内に送れば、使えますが、その端末に日本で使える技適マークが必要ですので、日本で使用できる端末には限りがありますので、注意が必要です。

ProjectFiに関しては、対応している国ならば、パケットの金額が度の国でも同じで使えます。

ただし、今となっては、日本国内キャリアでも、海外パケット紙放題や、通話し放題などがあるので、どこに行っても日本の番号で使えるメリットを考えれば、各国のSIMを購入する必要がなくなってきていますので、ProjectFiも微妙になってきたかなと思います。

メリットは北米、アメリカ国内の通話が無料ということは大きいかもしれませんね。

チャットやメールで日々の連絡や、やり取りが行われている現代ですが、お互いに話ができる通話なんかは今でも有効なコミュニケーション手段ですし、必要な時は多いですから、出来る限りの通話はいつでも自分の端末に繋がるようにしているのは、良いことだと思います。

Project Fi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください