Ploom TECH Vol.2

PloomTECH

プルームテックのバッテリーはOEMなので、似たものは販売されているので、裏技として、それを購入して、カートリッジと煙草カプセルを購入する方法もあります。

実際そんな感じで使っている人はいるのですが、肝心の煙草カプセルは20パフ(回数のことをパフと言います)すると、PloomTECHバッテリー先端部分が青く光って教えてくれますが、似たものは吸うと光りますが、煙草カプセルの有効回数20パフが終わった合図で光ってくれたりはしません。

ちなみに、1パフ約2秒を想定しているそうです。

ですが、体感で測定することは出来るので、似たもので代用して使っている人はいるんだと思います。

この辺はJTの販売網がしっかりとすれば、買えないという方も減るので、今後に期待したところです。

で、その似たものは、ショートとロングみたいな感じで、大体のものは2種類サイズがあります。

もちろんロングの方がバッテリー容量も多いので、長く使用することは出来ます。

ショートはJTバージョンとほぼ一緒です。

似たものはカラー展開もされていたりと、ぱっと見ると欲しくなってしまいますが、もう一つだけJTバージョンと違う部分があって、カートリッジと煙草カプセルを装着して吸う際の吸い込む空気の量もJTバージョンはカートリッジに最適化しているので、似たものですうと吸い込む力を使いますが、JTバージョンは軽く吸い込めます。

似たものは強く吸う感じですが、ということはカートリッジ内のベイパー部分もより多く使うので、似たものの方がカートリッジの寿命が短いです。

ですので、似たものの方は、吸い込む力を弱く吸い込むようにすれば、意外と長持ちします。

コツと経験みたいなものが必要ですが、直ぐにでも手に入るという点では、お手軽に試すことが出来ますよねってことだと思って下さい。

Jose

広告

タウンWiFi

タウンWiFi

家庭内や会社等では何も気にせずに使っているWi-Fiですが、一旦外に出ると通常のデータ通信でインターネットに端末を繋げる方が多いと思いますが、タウンWiFiなら、高速移動や電車内、車内以外はかなり良い感じで繋げてくれます。

無料や、各キャリア毎にやっている、SIM契約時に、無料のWiFiスポットをオプションで入れているので、何だか知らないけど、WiFiに繋がっているパターン結構ありますが、兎に角よく言われるのがセキュリティですが、タウンWiFiなら、あまたあるWiFiに簡単に繋げられるように、各WiFi毎のプロファイルを簡単に端末にインストールして、繋げることが出来ます。

そして、タウンWiFiの良い所は、セキュリティ部分も最近しっかりと取り組んでいてくれて、WiFi通信を保護する機能も別途有料ですが付いているので、それらを組み合わせて割りと安心に、簡単に誰でも無料のWiFiに繋げることが出来ます。

タウンWiFiでプロファイルを見ていればわかりますが、かなりの自治体や店舗で無料のWiFiを開放していて、最近ではタウンWiFiは海外にも対応しだしてきているので、もしかしたら地上に関しては、世界制覇してしまうではないかと思うこともあります。

アプリケーションをダウンロードして、ガイダンスどおりにやれば、誰でも使うことが出来ますが、わからない場合は僕に聞いて下さい。

タウンWiFi

今後は、気球や衛星、ドローンなど様々な方法でWiFiがもたらされると思うので、無線でももっと良い感じに使えるようになるので、タウンWiFiを使って、来たるべく無線社会に慣れておくのも良いかもしれません。笑

※WiFi 総務省より

公衆無線LANサービスの国内市場規模_総務省

 Jose