鎌倉から都内へ

鎌倉駅から恵比寿駅までは、だいたい50分程です。
でも、それは湘南新宿ラインを使うとです。
本数は多くありませんし、土日祝になると運休になっていたりもします。

横須賀線であっても、乗り換えるのは難しい事ではありません。

恵比寿駅に向かって、戸塚、横浜、武蔵小杉の各駅で、湘南新宿ラインに乗り換えができますから、恵比寿、渋谷、新宿方面行きに乗り換えられます。

鎌倉から恵比寿に向かう内、大船、戸塚、横浜、武蔵小杉、大崎では比較的多くの方々が乗り降りしますので、どこかのタイミングでは必ず座れます。

ただし、恵比寿からの帰りは、ほぼ毎回、武蔵小杉、横浜か戸塚で横須賀線に乗り換えた後、鎌倉に向かいます。

恵比寿から鎌倉までの直通運転に出会う事は、乗る時間を確認しておかないと、往々にして上手く行きませんが、逗子行きに乗れる事はたまにタイミングであります。

その際に面倒なのは、グリーン車の場合は、恵比寿から鎌倉方面に向かう場合、武蔵小杉、横浜、戸塚のどこかでは降りて、横須賀線グリーン車に乗り換えますが、グリーン車の位置がお互いに違うので、必ず乗り換えの際はお互いのグリーン車位置まで移動する必要がありますが、特に土日祝に関しては、グリーン車定期を持っていない方でも、料金が安くなるので、長距離移動ですから乗ったほうが良いと思います。

昼間のグリーン車でも、極たまにいますが、お酒を呑みながら移動しているグループがありますので、注意しながら座席は選んだほうがいいと思います。

夕方以降はそのようなグループと車両が一緒になる事もあるとは思いますが、そういう場合は、早めに武蔵小杉等で乗り換えるか、降りるのを待つしかありません。

ですので、基本的には夕方以降の賑やかなグループが乗ってくる率が高い時間帯に関しては、2階建ての上か、下どちらかに絞って乗ったほうが良いかもしれません、オススメは下です。

鎌倉から恵比寿に向かう際は、武蔵小杉駅を出ると次の停車駅まで比較的直線になるので、列車の速度が上がりますので、注意しておきます。

鎌倉から東京駅方面に向かう場合は、戸塚で上野東京ラインに乗り換えるのがベストです。

ただし上野東京ラインは10両の場合も多いので、乗り換えの際は、電光掲示板で車両の確認をしておいたほうが、列車到着時に焦らなくて良くなりますので、注意しておきます。

恵比寿からの帰りには、例えば武蔵小杉のショッピングモールや、横浜駅周辺、戸塚駅近くの支那そば、大船の呑み屋街、と時間に余裕があれば、街歩きするのも楽しいと思います。

武蔵小杉、横浜に関しては、どこの降り口でも、楽しめると思いますが、戸塚駅は西口方面、大船駅は東口方面からの方が良いのではと思います。

特に大船駅に関しては、反対側に降りると何もないので困ります。

土日祝日の鎌倉は、人も多くなりますが、車の台数も増えるので、交通渋滞が激しくなる場合があります。

ですので、公共交通機関である、バスも遅れることは多いですし、きたとしても、人数が乗り過ぎていて、乗れない場合もありますので、駅から離れた所に行く場合は、行った先からの戻り方を検討しておいた方が良いと思います。

タクシーも来にくくなりますので、歩いてしまうのが最良の方法です。
しかし、鎌倉は道路が狭いので、歩行する際は車やバイク、自転車に気をつけなければなりません。
車やバイク、自転車で鎌倉に行かれる際にも、充分気をつけないといけません、横道から人が出て来ても容易に気がつけない場合もあります。

鎌倉駅前に通じる道路は、江ノ島方面から、逗子方面から、大船方面から、金沢八景方面からの4本が主になります。
藤沢方面からの1本も主になりますが、住んでいる人たちの方が多く通ると思います。

土日祝の江ノ島電鉄線も、混雑が予想され、目的地もおそらく混んでいますので、無用なトラブルに巻き込まれないように、歩行者は右側通行を心掛ける事も大事になります。

海外からの観光客も多い土地なので、とはいえ、色々と守られないこともあると思いますが、大事な局面では注意を促す事も必要ですので、注意して行動する必要があります。

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください