野菜もどき

野菜もどき

過激なタイトルですが、皆さんが食べている野菜はハイブリッドと言われるF1種の種を使った雑種の野菜です。

有機栽培だオーガニックだと言われている昨今、ありがたく頂いてる野菜は実はかけ合わせた、見かけを良くした、ハイブリッド野菜だったんです!

本当の野菜は昭和40年台頃からなくなっていき、今市場に出回っているのは全てF1種というタネを使った野菜なんです。

と言うと、不安を煽るようですが、野菜もどきってことです。

交配種のF1については在来種のタネを専門的に扱っている野口のタネさんのリンクを張って置きますので、詳しく見てみて下さい。

交配種(F1)野菜とは何だ?

栄養価も安全性も今現在正確な数字を把握している人はおらず、危険ではないものの、肉を食べる時は野菜を必ずとか、野菜をもっと食べなさいとか言われてきた年代なんで、この事実は面白かったですね。

全く栄養がないとかではないので、もちろん食べるということは良いと思いますけど、正直、並んでる野菜を見てて、なんでこんなに姿形が似てるんだろうな?

と思ってリサーチしたらこんな感じでした。
今では、かなりの知識量になっていると思いますので、マーケティングに役立てたい方がいらっしゃったら、このページからお問い合わせ下さい。

Nomad Movement_tag

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください