米人権団体、リップル裁判に関連する元SEC高官のイーサリアム発言をめぐり利益相反を主張

リップルも中々大変なんですよねぇ


米人権団体は、米SECの元企業金融ディレクターであるウィリアム・ヒンマン氏に、仮想通貨に関する利益相反の疑いがあるとして、情報公開法に基づき情報開示請求を行なった。
— 読み進める coinpost.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください