ルックダウンに関して、観察してて思うこと

電車で見る、ルックダウン

結構前からよく言われるけど、胸の位置くらいが一番本でもスマートフォンでも、見やすいのかもしれない。

新聞は大体縦長に畳んで見ている人が大体。

90℃首を前に倒し、一生懸命ゲームやってる人もいるし、動画見てる人もいるし、SNSのイイネしまくってる人も多いい、みんな何かしらやってるんだけど、背筋だけは伸ばした方が良いかもしれないねって言いたくなる人が、かなりいる。

大事な自由時間、実際には移動する時間なんで、空いた時間だから、日中は仕事している人もいるけど、夕方過ぎると大体の人は、自由に自分の時間として使っているので、この時間を、仕事とか、アウトプットする時間にしたら良いのにと以前は思っていたけど、しょーもないインフルエンサーみたいなのが増えるので、空いた時間は、ただ単に消耗して欲しいと思う。

仕事場でもルックダウン

仕事でも、若干の下向き加減で仕事することも多いので、前のめり気味になってしまうので、適度に胸を張り、肩甲骨をたまに動かすようにすると、かなり肩こりと、姿勢の矯正には役立つので、仕事中は必ずやった方が良いと思う。

机と椅子の感じも重要なんで、肩が上がらないような位置の感じがおススメです。

手のひらを肩に乗せて、大きく円を書くように、肘が一番外を通るように、前から後ろに回すと胸を張るのがだいぶ楽になるので、20回とかで良いからやった方がいい、その時は体の軸を動かさずにやるようにすると効果的で、やる毎に大きく、しっかりと回せるようになるので、毎日やると、肩甲骨周りの筋肉も使うので、しっかり回るように、肩こりとかもしなくなります。

Look Down Generation

NomadMovement.xyz

広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください