ハンズフリーで履けるナイキの「ゴー フライイーズ」は、真の“アクセシブル”なシューズと言えるのか? 約1カ月のレヴューから見えてきたこと | WIRED.jp

履いてみたいんだけど、NIKE自体買わないし、履かないので、結局履かないんだけど、すごく履いてみたいスニーカーです。


ナイキが初の完全にハンズフリーで着脱できるシューズ「ゴー フライイーズ」を2021年2月に限定発売した。このシューズの実用性は約1カ月にわたる評価で実感できたが、限定販売という手法や高額の転売といった問題も考慮すると、障害のある人々を含むあらゆる人にとって真に“アクセシブル”なシューズと言えるのだろうか。
— 読み進める wired.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください