「仮想通貨」がイーロン・マスクのジョーク一つで乱高下…「ソーシャルメディア投資」の功罪(小出 フィッシャー 美奈) | マネー現代 | 講談社(1/6)

仮想通貨に、かなりの影響力を持ってしまったようで、問題児扱いされてる。笑


あの「問題児」がまた世間を騒がせている。

テスラやスペースXの創業者イーロン・マスクが、自身のツイートで「ビットコイン」「ドージコイン」という仮想通貨(暗号資産)の相場に影響を与え、価格が乱高下しているのだ。

インフルエンサーの一言で左右される「ソーシャルメディア投資」を象徴するような出来事だが、このまま看過してもよいのか。

米国の投資運用会社で働いた経験があり、『マネーの代理人たち』の著書もある小出・フィッシャー・美奈氏が、一連の騒動の経緯と、リスクを解説する。
— 読み進める gendai.ismedia.jp/articles/-/83803

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください