日本初のドメインNFT「NFT.nippon.jp」 NFTStudioで販売へ

欲しいドメインは、やっぱり欲しいってことですねぇフリーメールサービスを提供するNIPPON.JP株式会社は8日、「nippon.jp」のサブドメインに紐づくドメインNFTを、NFTマーケットプレイス「NFTStudio」で4月中にも販売する計画を発表した。
— 読み進める coinpost.jp/

人気メタバース、ユーザー数が伸びず──市場の期待を下回る | coindesk JAPAN | コインデスク・ジャパン

どんどん、やる人達が増えて行かないと、うまみが無いもんなぁ



メタバースは、ベンチャーキャピタル(VC)や世界の大手ブランドから高い関心を集めているが、ユーザー獲得に苦戦しており、トークン価格にもそうした状況が表れ始めてい …
— 読み進める www.coindeskjapan.com/145753/

「LINE NFT」始まる スクエニやB.LEAGUE、機動警察パトレイバーなどと連携 Web3.0に本腰【追記あり】 – ITmedia NEWS

いつになったら始まるかなぁと思ってたけど、やっと来ましたねぇ〜



LINEがNFTの総合マーケットプレース「LINE NFT」を4月13日に提供すると発表した。吉本興業など17コンテンツと連携し、7ジャンル100種類以上のNFTを販売する。
— 読み進める www.itmedia.co.jp/news/spv/2203/23/news116.html

NFTを複数人で保有するには?NFTコレクターDAO「ApeDAO」の解散劇 | 仮想通貨コラム | 仮想通貨(暗号資産)の比較・ランキングならHEDGE GUIDE

やはり、中々、難しいところではあるのかなぁと感じました。



2月初め、あるグループが行った投票がNFTコミュニティ全体の注目を浴びました。

DAO(自律分散型組織)の形式で運営されているNFTコレクターのグループ「ApeDAO」が解散するかどうかを決める投票がグループ内で4日間に渡って行われ、その結果保有するNFTを清算した上での解散が決定したのです。

その過程を紐解くと、波乱に満ちた解散劇だけでなく、NFTのグループ保有に関する重要な課題も見つけることができます。
— 読み進める hedge.guide/feature/apdao-dissolution-bc202203.html