テスラが「安全審査に合格したドライバー」だけに完全自動運転のベータ版を提供すると発表 – GIGAZINE

完全自動運転をゲットするには、壁が有ると。。。


テスラのイーロン・マスクCEOが2021年9月25日にTwitterで、完全自動運転を可能にするファームウェアの最新バージョンとなるFSD ベータ10をより多くの顧客に公開すると発表しました。

記事作成時点ではまだ公開されていませんが、ベータ版にアクセスできるドライバーはテスラから「安全なドライバーである」と監査される必要があるとのことです。
— 読み進める gigazine.net/news/20210928-tesla-fsd-10-safety-score/

イーロン・マスクのライバルは、未来からトラックを「逆算」する | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

リヴィアン見た時に、これアメリカ人好きそうーって思ったんだけど、案外日本人も好きかもって最近思い出した。

あのサイズ感が、どうかなって思ったりするけど、意外と日本でもいけるんじゃないかなぁと。

テスラはなんかダサいよなって、思う人達も多いみたいです、なので意外とリヴィアンとかなら、乗れるかなぁって考える人が多いみたい。


イーロン・マスクCEOが電気自動車(EV)メーカー「テスラ」の経営を引き継いだとき、その未来に対して懐疑的な目が多かった。だが同社は、製品開発やオペレーション、財務の幾度もの難局を乗り越えることで、世界で最も価値が高い自動車会社という評価を

— 読み進める forbesjapan.com/articles/detail/41449/5/1/1