iOS 13.1 AirDrop

iOS 13.1から新たにと言うか、AirDropが進化してます。

iOS 13.1から、iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Maxを使用している場合、空間認識のための超広帯域無線(UWB)テクノロジーを備えた新しいU1チップを使用して、自分のiPhoneを相手のiPhoneに向けることで、AirDropの対象者を選択することが可能になっています。

iPhone 11iPhone 11 ProiPhone 11 Pro Maxの方向識別はmm単位で行われていて、AirDropの一番左端に表示される相手先の情報が変化します。

実際に横と正面に座っている相手に、iPhone 11 ProAirDropを受けられる状態にしてもらい、自分が持っているiPhone 11 Proを横に向けたり正面に向けたりするだけで、AirDropの送信先が変化しました。

MACお宝鑑定団ブログより引用

これで、AirDropをオンにしているだけの人の特定も割とできるような感じになるということですよね、やるなアップル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください